top of page

Categories

カテゴリー

Sports bike

スポーツバイク

City cycle

シティサイクル

Kids bike

​子供用・幼児用 自転車

Accessories

​アクセサリー

Electric

● E-Bike​​         ● 電動アシスト自転車

自転車の歴史(豆知識)

自転車は、人類の交通手段として非常に重要な役割を果たしてきた乗り物です。以下に、自転車の歴史に関するいくつかの豆知識を紹介します。



  1. 初期の自転車: 最初の自転車は、1817年にドイツのカール・フォン・ドレーゼが設計した「ドライジーネ」と呼ばれる木製のバイクです。この自転車は、前輪を操舵することで進む仕組みでした。

  2. ペニーファージング: 19世紀後半には、高い前輪と小さな後輪を持つ自転車が一般的になりました。このスタイルの自転車は「オーディナリー」として知られており、大きな前輪によって速度を得ることができました。しかし、操作が難しかったため、安定性に欠けていました。

  3. 安定性の向上: 1885年に、ジョン・ケンプ・スターレーが「セーフティバイク」と呼ばれる新しい自転車を開発しました。この自転車は、現代の自転車に似た形状を持ち、二つの同じ大きさの車輪を備えていました。セーフティバイクは、安定性と乗りやすさを向上させ、自転車の普及に大きく貢献しました。

  4. チェーン駆動の導入: 自転車の進化の一つとして、チェーン駆動が登場しました。1879年に、イギリスのローソンが自転車にチェーンを取り入れ、ペダルの動きを後輪に伝えることができるようになりました。この発明により、より効率的なペダリングが可能となり、自転車の速度と利便性が向上しました。

  5. 1888年には、空気入りタイヤが登場し、快適性と走行効率が向上しました。


その後、ブレーキシステム、ギアシステム、サスペンションなどの技術的な革新があり、現在に至っています。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年、あけましておめでとうございます

新春明けましておめでとうございます! 皆様にとって、輝かしい新年のはじまりとなりますことを心よりお祝い申し上げます。 サイクルファクトリー・ロイヤル一同は、今年も地域の皆様により充実したサービスを提供するため、さまざまな企画を計画してまいります。 皆様には、快適な自転車ライフをお楽しみいただき、地域コミュニティの活性化に貢献できるよう、より一層努力してまいります。 お客様のご支持とご愛顧に感謝し、

bottom of page