top of page

Categories

カテゴリー

Sports bike

スポーツバイク

City cycle

シティサイクル

Kids bike

​子供用・幼児用 自転車

Accessories

​アクセサリー

Electric

● E-Bike​​         ● 電動アシスト自転車

SERFAS FP-200 フロアポンプ:使いやすく、便利な空気入れ


SERFAS(サーファス) FP-200フロアポンプ
カラー:ブラック、ブルー、レッド、イエロー

SERFAS(サーファス) FP-200フロアポンプ

SERFAS(サーファス) FP-200フロアポンプは、その使いやすさと高機能性で広く評価されている空気入れです。米英仏の3方式のバルブに対応し、太くてかたいシリンダーでポンピングが楽です。この記事では、その特長や使い方について紹介します。

主な特徴

1. 対応する3方式のバルブ

FP-200は、仏式、米式、英式の3つの異なるバルブに対応しています。これにより、様々な自転車や用途に幅広く使用できます。シンプルなバルブで切り替え作業が不要なため、手軽かつスムーズな操作が可能です。

2. 高性能の大型メーター装置

ポンピング中に確認しやすい大型メーターが搭載されています。所定の空気圧に効果的に達することができ、タイヤの状態を把握しながら充填作業が行えます。

3. 英式バルブ用アダプター付

FP-200には英式バルブ用のアダプターが付属しています。これにより、さまざまなバルブに対応し、ユーザーのニーズに合わせた使用が可能です。

4. エルゴノミックなグリップ

握りやすいエルゴノミックなグリップがポンプに装備されています。これにより、手に負担をかけずに効率的にポンピングが行えます。

5. ボールなどにも対応したアタッチメント

FP-200には、ボールなどの膨らませる対象物にも対応したアタッチメントが付属しています。これにより、スポーツボールや空気マットレスなどの膨らませる作業も簡単に行えます。

仏式バルブへの気入れ手順

  1. バルブのキャップを取り外す。

  2. FP-200のポンプヘッドをバルブにしっかりと取り付ける。

  3. エルゴノミックなグリップを握り、ポンプを操作して空気を充填する。

  4. メーターで適切な空気圧に達するまで充填を続ける。

  5. ポンプヘッドを外し、バルブを閉じる。

  6. キャップを取り付けて完了。

FP-200は、その高性能と使い勝手の良さから、店長おすすめの空気入れです。太くてかたいシリンダーがポンピングを楽にし、多機能な特長が様々な使用シーンで活躍します。快適で安全なライディングのために、是非FP-200をお試しください。


FP-200 フロアポンプの仏式バルブへの空気充填手順 FP-200フロアポンプは、その高性能で多機能な特徴から広く利用されています。以下は、このポンプを使用して仏式バルブに空気を入れる手順です。 手順 1. 準備 まず、ポンプのメーターを確認し、所定の空気圧に設定します。FP-200の最大空気圧は11気圧(160PSI)です。自転車のタイヤに適した空気圧を確認し、必要に応じて調整します。 2. バルブの準備 仏式バルブをポンプに接続する前に、バルブのキャップを取り外し、バルブを開く準備をします。FP-200はシンプルなバルブで、切り替える必要はありません。 3. ポンプへの接続 FP-200はエルゴノミックなグリップを備えています。握りやすいこのグリップを使用して、ポンプのヘッドを仏式バルブにしっかりと取り付けます。 4. 空気充填 ポンプがバルブにしっかりと接続されたら、握りやすいハンドルを操作して空気を充填します。ポンプには大型のメーターが搭載されているため、所定の空気圧まで確認しながら充填できます。 5. バルブの閉じるとキャップの取り付け 空気を充填したら、バルブを閉じ、キャップを再び取り付けます。これにより、タイヤに十分な空気が入り、かつバルブが保護されます。 6. アダプターを使用する場合 英式バルブを使用している場合は、付属のアダプターを利用してポンプとバルブを適切に接続し、同様の手順で空気を充填します。 これで、FP-200フロアポンプを使用して仏式バルブに簡単かつ効果的に空気を充填することができます。ポンプの特長を活かして、快適で安全なライディングをお楽しみください。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page